TAG Soiree

エロゲー サルテ

『人生は主観的に見ると悲劇だが、客観的に見れば喜劇である。』血と絶望、狂気と怨嗟の果てに辿りついたのは、死後の世界に浮かぶひとつの舞台。観客も声援もない舞台の上、道化師に導かれ、サルテは『過去』を演じる。それは自身の死の理由を探すため。それは現世へ再び還るため。用意された演目は侮蔑と嘲笑の物語。醜態と共に藻掻き足掻くは必至の生き様。これは、サルテの喜劇の物語――
▼もっとみる

特集: サルテ特集