TAG Lucha Libre

エロゲー 催●交姦

‘高里美樹也’弱気な性格が災いし、母‘由梨絵’と妹‘琴美’からほぼ奴●状態で扱われている。ある日のこと──。差出人不明の手紙が‘美樹也’の元に届く。それは死去したはずの‘父親’からだった。突然の知らせに驚いた。そして内容にも…父親は『催●能力』という超能力を持っていた。その能力が発動するたびに、苦悩し、引越しを繰り返すしかなく……。その重圧に耐え切れなくなった母‘由梨絵’。離婚に至ったのは、すべて自分のせいであると…。そして‘美樹也’にもその能力が備わっており、その気になれば能力を発動できる。もしつらい思いをしているなら、一緒に暮らさないか?と書かれていた。全てを知った‘美樹也’は、半信半疑だったが、動物相手に試し、自分にも催●能力がある事を確信する。そして、日々鍛錬を続け、完全に能力を目覚めさせる事に成功する。能力が目覚めた‘美樹也’。次のターゲットは……
▼もっとみる

エロゲー CALCITE-カルサイト-

女は犯●れていた。抵抗する事も無く犯●れていた。男は犯していた。抵抗しない女を犯していた。前戯も無く強引に犯●れた女。その状況を苦痛ながらも、受け入れている。男は、本能の赴くままに、強引に挿入を繰り返している。愛情は、感じられない。やがて自分勝手な絶頂を迎えた男。何も言わずに部屋を出て行く。残された女。一筋の涙が頬を伝っていた………。
▼もっとみる

エロゲー 25c-その箱は少女の悲鳴を漏らさない-

「……ここは、一体どこなの……?」私は見知らぬ部屋に弟の祐樹と倒れていた。見渡す限り記号のような模様のタイルが張り巡らされた正方形の部屋。部屋の中に窓はなく、扉があるだけ。自分の意志でこんなところに来るはずはない。だとしたら、誰かに無理やりここに連れてこられたとしか思えない。「確か、祐樹と病院の周りを散歩していて、それから……」それから――どうしたっけ?思い出せない。まるでそこだけ、記憶がごっそり削除されたかのように。ただ何かが必死に『ここから逃げろ』と訴えかけてくる。「祐樹、お姉ちゃんと一緒に行きましょう。一刻も早くここを出なくちゃ」そして私は祐樹の手を引くと、扉に向かって歩き出した。
▼もっとみる

エロゲー 満淫深夜バス 〜もう降りられない…〜

時刻表にない時間に停留所にバスが来ても──そのバスに乗ってはいけないいつもより少し遅い時間……終バスギリギリの慌てているとき……女たちを標的にしたバスが停留所にやってくる「だめよ、乗っちゃだめ。いますぐ降りて!でないとあたしみたいになっちゃう……!」男たちの肉欲を満たすために存在する<痴●バス>それに乗り込んでしまったふたりの女を待ち受ける卑劣な行為──これは狡猾な痴●たちの欲望とその果てに待つ快楽の奈落を描く物語。
▼もっとみる

エロゲー 快感即イキ満淫電車 〜この電車は快楽堕ち直通です〜 普及版

男はぴたりと、ある女の後ろに付いて、ホームに並んだ。朝の電車が滑り込んできた所で、わさわさと乗り込んでいく人波にのまれながらも、その場所を男はキープし続けた。偶然を装いつつ、車両の角位置に男は女を追い込んでいく。満員電車に慣れていなそうな女の身体に軽いタッチをいれ、その様子を探る男。女は戸惑いながらも抵抗は無く、あっても弱々しいことから、徐々に大胆になった男は、やがて指戯で、女をイカせてしまうのだった。その日を境に、次の日も、その次の日も。男は女をイカせ続けた……。ある日。次の段階へと進める為、いつも以上に男は女を入念にイカせる。あまりの絶頂・快感にふらつき、崩れ落ちそうになる女を、男は自身の股間前にうまく誘導する。そのまま一物を出し咥えさせようとする男。女は無理やり出し入れされていくが、次第に自らその行為に没頭していく……。もうじき駅に着くと感じて、女の口の中へ射精する男。咽ながらも女はそれを飲み下していく。ドアが開き、その場を離れる男。女はホームに倒れるように這い出し、足元も覚束ないままふらふらと去っていくのだった。
▼もっとみる

エロゲー ネカフェ姦禁 〜もう部屋からは抜け出せない〜

場末のネットカフェ〈ゴクラクBOX〉。客入りも少なく、一見して流行っていないように見えるその店は、実家の権力をかさに着て、悪事の限りを尽くしてきた男があてがわれた、無法と欲望の城となっていた。そこへなにも知らない3人の女たちが、罠にかかりにやってくる――自由と希望を奪われた女たちは、やがて男の支配に屈し、おぞましい快楽の籠に囚われていく。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…本作の登場を記念して、お得なセットも期間限定で登場!『 【期間限定】『ネカフェ姦禁』発売記念!お得なWパック 』はこちら!販売期間は7月20日(火)いっぱいまであわせて要チェックですっ!
▼もっとみる