TAG include

エロゲー ブレイブハンターあおい

彼らは、ある日突然現れた。人外の力を使い、暴力と恐怖で人々を支配し、巨大化していく悪の組織「ネメシス」その勢力は次第に拡大していき、人々は怯えながら日々の生活を過ごしていた。だが、ネメシスに呼応するように正義の味方もまた現れ、ネメシスの進行を阻む抵抗勢力となっていた。彼女達は正体を明かさず、ただ人々の為にネメシスと戦い続ける。ある日、各務あおいはネメシスの手から逃げているという謎の男と出会う。彼と共に追い詰められたあおいは、男に奇妙なことを尋ねられる。「君に戦う勇気があるのなら、唱えるんだ。ブレイブイグニションと」運命は、彼女を選んだ。そして、彼女もその運命に手を伸ばす。「ブレイブイグニション!」
▼もっとみる

エロゲー 催●委員長

努力して地元どころか、全国でも有名な進学校である麟祥(りんしょう)学園に入ることができた主人公。ただ、周りには自分よりも優秀な人間があつまっていた。少しずつ落ちこぼれていく主人公。そんな中、良い勉強方法があるよ、と教えてもらったのは「自己催●術」だった。詳しく調べていくウチに、他人にもかけられることに気付き、自分を高いところから見おろしている学生会長・久保田彩陽(くぼた・あさひ)、目の敵にして注意してくる風紀委員委員長、在澤文香(ありさわふみか)に催●術をかけ、「エロい行為」を率先し、新しく作られたルールを守る学「性」会会長として、学園の風紀を守るための「『風俗』委員長」へと変えていく。※修正パッチver1.0.1 ・キャラクター立ち絵のモザイクの調整。・イベントCGのモザイクの調整。・立ち絵観賞モードの実装。・エフェクトスキップの追加。
▼もっとみる

エロゲー モブ催●

「物語」を彩り、時には主人公をもり立てる。けれども誰の記憶にも残らないようなキャラクター。それが――モブ。主人公・武持 盛夫(たけもち・もりお)は、中肉中背、イケメンでも不細工でもなく、成績は可も無く不可もなく。運動も同じ。特徴らしい特徴は何一つ無かった。ある日、困っているところを助けた男に、自分を「変える」ことができるという怪しげな笛を手渡される。半ば疑いながらも使用したが、それは「本物」だった。笛の音が聞こえる範囲の人間に催●をかけられるようになった盛夫は、その力を使って今まで自分に見向きもしなかった女性――彼女達もまた物語の中心にはいないモブ達だ――に催●をかけて好き放題にする。だが、それだけで満足はできなかった。物語であればヒロインとなる選ばれた存在──学園内でも有名な美少女である「紺江 日花里(こんえ・ひかり)」と「高峰 真優(たかみね・まゆ)」を自分の思うままにしようと望み、そして──。
▼もっとみる

エロゲー 催●学舎

主人公はうだつのあがらない中年ニートであったが、ある日催●術をかける力を手にいれた。近所にある有名なお嬢様学園に教師となって忍びこみ、そこで好き放題、エロイことをして楽しむ毎日。「あなた、本当はこの学園の教師じゃないでしょ?」しかし、ある日学園トップクラスの美少女、彩希に声をかけられる。彩希は催●のことを黙っているかわりに取引をしましょう、と話をもちかけてくる。それは、自分のことを目の敵にしている英美を、恥ずかしくていやらしい目に遭わせてほしい、というものだった。
▼もっとみる

エロゲー 催●家族〜ヤドカリ〜

家族の顔をして、家族のフリをして、家族として過ごす「誰か」大切な場所が、気付いた時には「誰か」のものへと変わってしまう心を操り、身体を奪い、宿を借りる『ヤドカリ』■六郷達陽の場合『お礼なんていらないよ。僕がそうしたいと思っているんだから』六郷達陽は、学生時代に知りあい長い付き合いを経て清香(さやか)と結婚をした。仕事は忙しく共に過ごす時間は減ってはいたが、愛する妻との新婚生活は幸せに満ちていた。しかし、会社の飲み会で泥●し見知らぬ男――稲城是政に介抱されたことが愛する妻との平穏な日々の終わりの始まりだった。■稲城是政の場合『今、住んでいる家にも、そろそろ飽きてきた。新しいところを探すか』稲城是政は催●術の力を使い、気に入った女がいれば手を出してその家に入り込む。そうして、勝手気ままに過ごしていた。そんなある日、たまたま耳にした美人妻の話に興味を持った。酔って前後不覚になっている美人妻の夫――六郷達陽を介抱すると、家へと向かう。出迎えた妻、清香を見た瞬間、是政は夫婦の家に入り込むことに決めるのだった。

エロゲー 催●劇場

催●術を使い「少し」やり過ぎてしまった主人公――大曲通伝(おおまがり・とおる)は、新しい学園へと転入する。前の時の反省をいかし、趣味である漫画やアニメを楽しむ、静かで穏やかな生活をしていたが、オタクの好むものだから、と趣味を否定されてしまう。ならば、もしも本当に魔法少女がいたとしたら?クラスにいる普通の女の子が、いきなりアイドルになったとしたら?普通の人間ではなく、魔性の存在(サキュバス)が紛れていたら?無理解な「彼女達」に催●術を使い、自分達の「趣味」について、理解をしてもらうために、実際にはあり得ない役柄を強●的に演じ、体験させるため、主人公は封じていた催●を再び使うことを決める。本日はご来場いただき、ありがとうございます。「催●劇場」の開演となります。これより紡ぐ物語を演じるのは私(わたくし)とあなた!今一時、現実を忘れ、夢の中へとご案内いたしましょう。さあ――ご笑覧あれ!
▼もっとみる

エロゲー 求婚催● 〜私、絶対に浮気なんてしません〜

主人公――鉢山 載正(はちやま・さいせい)は、底辺から這い上ってきた成り上がり者だった。手段を選ばず、時に騙し、脅し、催●術を利用し、自分の会社を大きくしてきた。次のターゲットである桜ヶ丘グループのパーティーに潜りこんだ載正は、そこで親子ほども年の差のある桜ヶ丘 怜泉(さくらがおか・れい)の美しさに目を奪われた。自分の会社をより大きくするために、桜ヶ丘グループを吸収合併をしたいと考えていた載正にとって、怜泉との「政略結婚」は、効率と欲望を満たす意味で最高の選択だった。しかし、載正は桜ヶ丘に相手にされず、怜泉にはすで婚約者がいた。桜ヶ丘グループは、載正の持つ企業よりも格上であり、権力や金、脅迫は通用しない。そこで、怜泉の通う学園の理事の座を手に入れ、彼女に一つの賭けを持ちかける。自分の得意の催●術に約一ヶ月の間、付き合っても、婚約者への気持ちが変わらないのならば全てを諦めて手を引くと。催●術などというものを信じてはいない怜泉は、家や彼氏のためにも、主人公の提示する条件を受け入れるが――
▼もっとみる