TAG Hending

エロゲー 刃撫魅! 〜アタシが産みなおしてやんよ!〜

「頼む、私のママになってはくれないか」孤独に生きるには、現代社会はあまりにも過酷。日々懸命に働く大人にこそ、ママが必要とされていた。主人公・月島仁もまた、ママを求める探求者。そんな彼に見初められ、頼みに応じた女性たちがいた。「ったく、しょうがねぇやつだな……」「あははっ、ほらほら先輩、よちよち〜」「ママ、か。ハっ、面白いじゃないの」「何でも、好きなこと……していいよ?」何の因果か、集まったのは有名なヤンキー娘(とギャル)。母性を秘めたママたちに、バブって甘えて癒やされろ!
▼もっとみる

エロゲー ソープランドのはっしゃくさま

★☆★予約限定!『筆おろし現場ASMR盗聴ボイス』つき★☆★本作を予約購入いただいた方限定のボイスドラマです!予約期間は4月27日(木)いっぱいまでこの機会をお見逃しなくっ!※パッケージ版の予約特典と同一内容となります。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…大学中退、借金地獄、身寄りなし、休みなし──。職業──デリヘルドライバー愛なき茨人生を健気に生きる一人の少年──八房。一本の電話から彼の人生は予想もつかない変貌と遂げる。会員制高級ソープランドLa traviata(ラトラヴィエータ)のトップに君臨する二人の女性────唄穂と宝香。到底ヒトとは思えぬ行動と魅力を振りまく彼女達との妖しく怪奇で、とても──性的な。めくるめく共同生活の行く末は──。愛欲で噎せ返るような禁忌の──物語。
▼もっとみる

エロゲー 自爆カノジョ 〜彼女は隠れて身悶える〜

「私のこと、どれくらい好き?」質問されて、即答もできず、顔が熱くなっていくのが分かる。そんな俺を見ながら、亜沙は小さく笑った。隣の席の亜沙と付き合い始めたのは、つい1週間前のこと。人生で初めての好きな人で、人生で初めての彼女――なんだけど、なんというか、手のひらの上で転がされてる感じがする。急に顔を近づけてきたり、ジッと見つめてきたり……俺が照れるって分かって、いろいろしてくる。こっちもこっちで、亜沙の思惑通り、変なリアクションをしてしまったりして……なんだかやられっぱなしって感じだ。少しは、こっちからも……!「私のこと、どれくらい好き?」ちょっと勇気を出して、いつもの冗談みたいな感じで質問したら、一夜はあたふたして顔を真っ赤にしながら、期待してた返事をしてくれた。隣の席の一夜と付き合い始めたのは、つい一週間前のこと。人生で初めての好きな人で、人生で初めての彼氏。付き合ってから、一夜はなんだか前よりもすごく照れるようになった。だから、急に顔を近づけたり、ジッと見つめてみたり……そういう風にすると顔を真っ赤にするのが、すごく可愛くて、うれしくて、しあわせ。一夜の反応、今よりもたくさん見たい。どうすればいいんだろう。……もっと、いろんなことしてみようかな。もっと、もっと、照れさせたい。
▼もっとみる

エロゲー 火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着

ぼくには、愛する妻がいる。美人で、プロポーションも抜群で、控えめな性格だ。きっと、誰もが羨む奥さん、と言えると思う。でも、今のぼくは、そんな彼女を信じられなくなっている。それはある日、会社の同僚から見せられた画像のせいだった。それは、とある会員制SNSに投稿された、あられもないエロ写真。写真を取られながらも喜びに顔をゆがめた被写体の女性は、卑猥とさえいえるような、快感に蕩けたような歪んだ笑みを浮かべていた。それが、見ず知らずの誰かだったら、ただ、エロいな、ぐらいで済んでいただろう。しかし、そこに写っている女性には、妻とまったく同じ身体的特徴があった。ぼくの知らない、妻の昔の写真なのか。それとも、もしかしたら今現在の写真なのか。悶々とした思いを抱えながら過ごしていたある日、妻は仕事で遅くなったと深夜に帰宅した。むせ返るような酒の匂い。放り出したバッグからこぼれたビニール袋。その中には、ぐしょぐしょに濡れたパンティが入れられていた。疑心に駆られた日々の中、限界を迎えそうなぼくは公園で一人の男に出会う。どこか狐のような顔立ちをした男の名は徳美巨之介。探偵だった──。
▼もっとみる

エロゲー リンパに ATATA! 〜メス牡蠣ミルクどぴゅらっしゅ〜

俺「重松雄介(しげまつ ゆうすけ)」はJKの事を‘‘合法的に触れる’’為にマッサージ師を志した。長年、修行を積み、ようやく一人前として評価を得るようになってきた。高級住宅街・美人ぞろいで有名な女学園の近くに店を構え、準備は万端。しかし、来店するのはマダムばかり、俺のムラムラは募る一方だった……。そんなある日、新規の予約が入った。予約時間にドアが開きそこに見えた人物は待ちに待ったJKだった──「(ついに来た……! ツヤツヤイマドキJK様のご来店……!)」と心の中でガッツポーズを決め、早速「仕事」を始める。若々しい艶のある肌、ちらっと見える制服の隙間……冷静な気持ちで仕事なんて出来るわけがない。俺の手から滑り落ちたペンを拾ってくれている二人の‘‘お尻’’をガン見してしまい、思考停止……「オジさん取れたよ、ボールペン……って、あれ?」「ふ〜〜ん……そっか。オジさん、そ〜ゆ〜ことしちゃう感じなんだ……?」「いえ、これは…………」「いい歳したオジさんなのに、こんなことして恥ずかしくないの? 気持ち悪〜い♪」「きゃははははっ♪♪ おねーちゃん、ガチおこじゃーん! やっば!!」なんなんだこの小生意気で憎らしいメス●●は……めちゃくちゃムラムラ、もといイライラを募らせ、俺は決意をした。「こんなメス●●の2人くらい、俺のマッサージで‘‘わからせて’’やる──」
▼もっとみる