TAG Canvas

エロゲー CanvasDVD 〜セピア色のモチーフ〜

撫子学園に特待生として入学した主人公は、天才的な絵の才能を発揮し、数々のコンクールをモノにしていく。しかし、自分の才能が次第に学園の売名行為に利用されているのでは、という疑念から、大人に対しての嫌悪感が湧いてくる。ついには自己嫌悪に陥り、すべてが嫌になって、キャンバスの前に立たない日々が続いた。そんなある日、学園長から「次のコンクールでそれなりの結果を出さなければ、特待生の資格を剥奪する」と宣言される。そのときには主人公は気付いていた――「オレは描かないんじゃない、描けなくなっていたんだ……」。絵を描く情熱と才能を喪失した主人公。しかし、彼の周囲の女の子たちとの交流から、彼は変わり始める……。2000年に発売され、各メディアで様々な展開が行われた美少女ゲームの名作のDVD・EDITION。●CanvasDVD〜セピア色のモチーフ〜の追加要素・音声ビットレートの引き上げより高い音質にクオリティアップ。・『ピアノモード』を搭載。以前発売された『Canvas Piano Collection』(音楽CD)の音源をBGMとして使用可能。・コンシューマで追加されたキャラクター「美咲彩」が、攻略可能!余計な要素を一切排除し、美少女ゲームの本質に立ち返った作品。とっぴな設定、展開もなく、悩みや苦しみ、夢や希望をきちんと持った存在感のあるヒロイン。彼女たちとの交流、恋愛を優しく、丁寧に描いている。純愛ゲームが好きなユーザーなら、まず間違いなくツボにハマるはず。
▼もっとみる

エロゲー 赤いCanvasシリーズ なでしこ〜朱色のらせん〜

将来安泰だった生活を捨てて、一人の女性・蓮水伊万里を愛することを選んだ主人公・哀川総司。そして生きるために主人公が選んだのは職業は、体育教師。愛する伊万里も同じ学園の生徒として通うことになり、二人の新しい生活が始まった。お金もなく、狭く小さなアパートで暮らしながら、愛情を育んでいく二人。そこに親が勝手に決めた許嫁・神楽坂皐月や、主人公が顧問になった女子バスケ部キャプテンの笹峰理花、教え子でもある真面目な優等生・麦穂奏らが絡んで……。『Canvas』でお馴染み撫子学園が舞台とした、背徳感溢れるドロドロの愛憎劇を描いたアドベンチャー。
▼もっとみる

エロゲー Canvas3〜白銀のポートレート〜

主人公‘山吹学’は、繚乱学園の2年生で美術部の部長。今年も冬を迎え、目前に迫ってきた進路の選択に頭を悩ませている。学の夢は絵の道に進む事だが、プロになれるとは限らない。夢と現実に揺れ動く学に対し「堅実な道に進んで欲しい」と願う父親は「桜花展で金賞を取れれば夢を追っても良い」と条件を出す。桜花展出展の作品に取りかかる学。天才肌の元部長‘木通遊佐’、隣に住む幼馴染‘長橋涼’、天然系の実妹‘山吹恋華’、ドジっ娘美術教師‘千種菜々美’と、悪友‘堺悠太’。そんな気の置けない仲間たちとの時間の中でも、あまりにも高い目標に、なかなか筆が進まない。そんな時に「町おこしのため」と観光協会から頼まれたパンフレットの作成。そしてひょんなことから学を追って美術部に入部した、学園のアイドル‘朝里利奈’の存在。――それがこの冬の恋物語のはじまりだった。
▼もっとみる

エロゲー Canvas3FD VALENTINE PINK(バレンタイン ピンク)

昨年、3月に発売しヒットした『Canvas3 〜白銀のポートレート〜』のファンディスク。コミックマーケット77で先行販売したものにさらに2人のヒロインを加えた、まさに完全版ともいえる構成になっております。◆『Canvas3』各キャラクターのアフターストーリーを収録!!本編のヒロインである朝里利奈・木通遊佐長橋涼・山吹恋華・千種菜々美の後日談を描いた5本のストーリーを収録。オムニバス形式となっており、初めに見たいエピソードを選択することが出来ます。本作のキーワードは、ずばりバレンタインデー。卒業や別れを間近に控えた主人公とヒロインの儚くも甘い恋愛やヒロインの切ない想いを伝えるストーリー、両想いならではのいちゃいちゃなストーリーが目白押しです。◆Canvasシリーズのファンディスクで過去最多のボリュームを実現!!差分を含めたCG枚数は合計150枚以上!シナリオ容量も過去のファンディスクに比べ平均1.8倍ほど増量しました。ファンディスクとはいえ本作1本でもかなりのボリュームを擁し、十分にゲームを楽しむことができる仕様となっております。
▼もっとみる

エロゲー 3D Canvas(VR対応)

F&C不朽の名作!「Canvas」が3D&VRに変新して登場!吐息をも聞こえる程の圧倒的な没入感!■ストーリー■撫子学園に特待生として入学した主人公は、天才的な絵の才能を発揮し、数々のコンクールをモノにしていく。しかし、自分の才能が次第に学園の売名行為に利用されているのでは、という疑念から、大人に対しての嫌悪感が湧いてくる。ついには自己嫌悪に陥り、すべてが嫌になって、キャンバスの前に立たない日々が続いた。そんなある日、学園長から「次のコンクールでそれなりの結果を出さなければ、特待生の資格を剥奪する」と宣言される。そのときには主人公は気付いていた――「オレは描かないんじゃない、描けなくなっていたんだ……」。絵を描く情熱と才能を喪失した主人公。しかし、彼の周囲の女の子たちとの交流から、彼は変わり始める。
▼もっとみる