TAG

エロゲー DEARDROPS Windows10対応版

菅沼翔一は若くして才能を発揮し、海外のオーケストラで将来を嘱望されたヴァイオリニスト、だった。とある事情で、その楽団での居場所を失うまでは……。音楽家としての道を閉ざされたと感じた翔一は、自分の愛器であるヴァイオリンをも手放し、失意のまま帰国するものの、オーケストラ追放と楽器を勝手に手放したことで親の逆鱗に触れ、勘当同然の身となり、行く当てもなく無為に過ごす。そんな折、ひょんなことからライブハウスに住み込みで勤めることになった翔一は、自分の知らなかった「世界」に触れることになる。まったく違う場所で、それぞれの「生き方と音」を主張し続けてきた不器用な人間たちと出会い、呼応することで、バラバラな人生の線は絡み合い、絆となって未来への道標となっていく。翔一と運命の出会いを果たす仲間たちは、過去や試練を乗り越えることで、個人として、バンドとして、どのように成長していくのか……。「ライブハウス」という場所で新しい音楽を通じ、新しい世界を広げ、高みを目指す青春+ロックンロールの物語。いままでのOVERDRIVE作品のバックボーンは残しつつも、別のベクトルからデザインした新スタイルで群像劇を描く最新作がこの「DEARDROPS」である。
▼もっとみる

エロゲー 竜翼のメロディア-Diva with the blessed dragonol-

遥か昔、邪竜との大きな戦いがあった。聖竜と力を合わせその脅威を退けた者たちが建国した「ヴェストリア王国」 。奇跡の歌の力を持つ姫が象徴となっているこの国では、音楽に携わる者は憧れの職業として尊敬の対象となっていた。その中でも特に選ばれたものが入学を許される音楽家育成機関「エルトメール音楽院」。そこには未来の音楽家を目指し、多くの若い才能が集うことになった。その学院に通い始めて間もなく一年が経つ主人公リュートは、留年ギリギリの学院生活を送りながらも、妹と二人で平穏に暮らしていた。そんなある日、リュートは街で不思議な雰囲気を纏った少女と出会う。ほんの偶然から行動を共にすることになった少女とリュート。楽しい時を過ごした後、また会えるからと言って彼女は去っていった。新しい出会いに胸をふくらませていたリュートだったが、その夜、突然家の庭になにかが墜落したような音が響く。庭を大きく抉ったようにできたその穴には、鱗状のようなものに体を覆われた、謎の生物がうずくまっていたのだった。長きに渡り紡がれた物語に、新たなページが記されていく……。
▼もっとみる

エロゲー 天文時計のアリア

いつからそこにあるのか、誰が何のために作ったのか、覚えている者はいない不思議な時計塔。麻保志学園の天文時計にはこんな伝説があった。『天文時計から流れる歌を聞くと幸せになれる』ある日、主人公・諸星大河は天文時計から流れてくる歌を耳にする。天文時計に登ると、そこには『幸せ』をもたらす『星霊』、自らを『アリア』と名乗る少女の姿があった。アリアは大河に『幸せ』を与えようとするが、「『幸せ』とは心に湧き出すもので、ぽんと貰えるようなものじゃない。それはただの『ラッキー』だ」と大河はそれを拒否する。『幸せ』をもたらす『星霊』であるはずのアリアは、実は『幸せ』とはなにかを理解していなかったのだ。「あなたと共に過ごせば、『幸せ』とはなにかわかるかもしれない 幸せってどんなものなのか、教えてよ」そしてアリアは『人間として」大河と共に学園生活を送ることにしたのだった永遠を捨てて――
▼もっとみる

エロゲー 乙女が奏でる恋のアリア

男性でありながら女性ソプラノと同じ声域を歌うことのできる声楽家――――ソプラニスタ。 その卵として海外に留学中だった和泉 司は、久しぶりに帰ってきた日本で、 些細な行き違いが原因で家なき子となってしまう。 事態が解決する1ヶ月後まで、どうにか自力で暮らそうと決めた司は、 偶然街角で披露した歌声を切っ掛けに、西條 綾香という少女と出会う。 「私はずっと、あなたのような歌を謡える人を探していたの」 自分の学園で歌って欲しいと頼み込む綾香。 突然のことに困惑したものの、事情を聞くうちに断りきれなくなった司は、 そのまま学園へと案内されてしまう。 そこは、西欧の気風を手本として気高さと高潔さを尊ぶ乙女たちが集う、お嬢様学園だった。 「ま、待って。僕、男だって言わなかった?」 「でも、その容姿と歌声なら……」 自分が男性であると知ってなお諦めない綾香の懇願に負け、ついには司も覚悟を決める。こうして塚原いずみという少女に女装とした司は、深皇学園へと通うことになった。 1ヶ月後に開催される深皇祭、その歌姫として。アフターストーリーと新規ルートを追加!『 乙女が奏でる恋のアリア 君に捧げるアンコール 』はこちら♪♪
▼もっとみる

特集: 『月野きいろ』さん出演作品特集

エロゲー 乙女が奏でる恋のアリア 君に捧げるアンコール

本作は、諸事情により女装して女学園の歌姫として過ごすことになった男の子・和泉 司とお嬢様達の恋を描いて好評を博した『乙女が奏でる恋のアリア』のアンコールディスクです。アンコールディスクとなる本作では、本編ヒロイン5人とのアフターストーリーに加え・パッチヒロインとして人気を博した城ヶ崎 奏のアフターシナリオ・サブヒロインながら人気投票で1位に輝いた久遠 佳の攻略ルートをご用意いたしました。もちろんどのエピソードでも、司は女装し「いずみ」となって、本編に引き続き一見すると女の子同士に見えるキャッキャウフフをお楽しみいただけます。本編『 乙女が奏でる恋のアリア 』はこちら♪♪
▼もっとみる

特集: 『月野きいろ』さん出演作品特集

エロゲー 円交少女2 〜JKアイドル真鈴の場合〜

Jrアイドル業界で、価値があるのはJKまで18歳でBBA、20歳になったら産廃だ。私は今日、18歳になる。二度と取り戻せない時間が、終わる。──私は産廃になりたくない。このクソみたいな世界から一秒でも早く逃げ出さなくちゃいけない。・・・でも、どうやって?『 円交少女 〜陸上部ゆっきーの場合〜 』はこちら──
▼もっとみる

エロゲー WHITE ALBUM2【Windows10対応版】

『WHITE ALBUM2』がWindows10対応版となって登場!!■プロローグ(introductory chapter)冷たい風を震わせて、歌が聴こえてきた――夕暮れの音楽室で俺が奏でるギターに合わせるように。隣の教室で顔も知らない誰かが奏でるピアノに合わせるように。屋上から響いてきた、鈴が鳴るように高く澄んだその声は、バラバラだった俺たち三つの旋律を繋いでくれた。始まりは、そんな晩秋。そのとき、誰かが誰かに恋をした。誰もが一生懸命だった。誰もが強い気持ちで突き進んだ。誰もが、ひたむきに、まっすぐに、正直に――心の底で結ばれ、かけがえのない瞬間を手に入れた。だからそのとき、誰かが誰かに恋をしてしまった。一足遅れの、してはいけない恋を。そして冬――降り積もる雪は、すべての罪を覆い隠し。やがて春――雪解けと共に、すべての罰を下す。■プロローグ(closing chapter)冷たい風を震わせて、歌が聴こえてきた――夕暮れのキャンパスに、誰もいない学食に、寂しげな校舎の窓辺に。三年前に凍らせたはずのあの歌が。情熱に突き動かされ、純粋な想いを綴った、欺瞞の歌が溶けてゆく。あの、三人だった冬も今は遠く、一人と一人の季節を何度も繰り返し。続きは、そんな晩秋。あの時引きちぎろうとした絆の、醜い傷痕が乾くこともなく、けれど、何かが変わる予感とともに始まっていく。寂しい二つの旋律は、互いを惹きつけ傷つけて、そしてまた、新たな旋律を呼び寄せる。もうすぐ、新しい冬が来る。あのひとといられない、そしてあいつのいない冬が。ホワイトアルバムなんて知らない。だって、もう何も歌えない。届かない恋なんてしない。だって、もう人を愛せない。

特集: Leaf特集
特集: WHITE ALBUM2【Windows10対応版】特集

エロゲー ピュアソングガーデン!

◆あなたの未来は、シアワセですか?◆バーチャルアイドルなんてものも普通に活躍している、リアルとバーチャルが混在している、そんな時代。主人公・山葉奏多(やまは かなた)は、通称 M3(スリー)部という音楽好きが集まるサークルに所属していた。他にも、奏多の保護者を自称する小さい頃からの同居人・河和井玖音(かわい くおん)、変な「音」にばかり興味を示す後輩・下国明日香(しもくに あすか)など、個性的なメンバーで一杯だ。◆大規模VRフェス‘‘ピュアソングガーデン’’!◆ある日、奏多たちは近所のお姉さん・柳澤律(やなぎさわ りつ)の伝手で、このダイバで行われる大規模VRフェスのスタッフをすることになった。最新技術を使ってヴァーチャルな演出をふんだんに用いたフェス「ピュアソングガーデン」!テストも兼ねて、ひと足先に体験させてもらえるって矢先、目の前に現れたのはフェスの目玉なバーチャルアイドル「アイ」だった。◆キミと、未来を見つける◆と思いきや、自分は未来から来た星野いろは(ほしの いろは)だと言い出したアイにそっくりな美少女。妖精みたいな羽根をつけた女の子・すずまで現れて―アイが居ないおかげでフェスの予定は滅茶苦茶!何とか予定通りに開催するために、いろはを代役に立てるしかない!その場に居合わせた奏多たちは、成り行きで未来予測システムを使った作曲とステージパフォーマンスをアシストしていくことに。◆この夏、世界は楽園になる!◆ついにピュアソングガーデンが華々しく開催され、いよいよフェスの目玉であるVRアイドル・アイのライブがスタートする。大盛況のままにステージを終えようとしたその時、警報が鳴り響き、予想外のエラーが発生!VRアイドルたちがダイバ中のそこかしこや空にまで大量発生し、勝手にパフォーマンスをしだして。果てしなく、にぎやかで、騒がしいフェスティバルのような毎日がはじまる!
▼もっとみる

エロゲー MUSICUS!【萌えゲーアワード2019 シナリオ賞・主題歌賞 受賞】

主人公・対馬馨(つしま・けい)はかつては有名な進学校に通っていたが、とある事情で中退。今は定時制に通っている。『親の後を継いで医者になる』という最短のレールからは外れたものの、まだまだ挽回可能。ただ、最近は『それでいいのだろうか?』と考えつつある。定時制で出会った、これまで周りにいなかった多種多様な人々。世界には自分が知らないものが沢山あるんだと実感させられた。……なのにまた、戻ってしまっていいんだろうか?僕は本当に、医者になりたいんだろうか?それが僕の、この対馬馨という人間の、生まれてきた目的なんだろうか?そんな中、市の懸賞に応募した小説をきっかけに、音楽プロダクションの社長・八木原から『うちのバンドの遠征に同行してレポートを書いてくれないか』という依頼を受ける。取材先はかつてはメジャーでも活動していたバンド『花鳥風月』。そのリーダー・花井是清はかなりの変わり者で、馨に対して『音楽なんてろくなものじゃない』と音楽の無意味さをこんこんと説く。そんな花井に戸惑いながら参加した初めてのライブで、馨は花鳥風月の音楽に心を奪われてしまう。数日後、初めてのライブの感動を忘れられない馨の元に届いたのは『花鳥風月解散』のニュース。突然の解散に納得いかない馨は花井を説得に向かうものの、議論は平行線でらちが明かない。その後も顔を合わせるたびにバンド再開を求める馨に、花井はこう言う。『馨君、きみがおれのかわりにロックをやらないか?』
▼もっとみる