TAG 幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫

エロゲー 幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫 〜さやか篇〜

時は現代、とある地方都市で――不在がちの両親に代わって神社を切り盛りする三室さやかは、幼馴染の柳原ハルと喋るもこもこ毛玉(うさぎ?)の神さまと平和に暮らしていた。しかし、街を襲った地震を境に妖怪たちが出現し、平和な日常が崩れてしまう。妖怪が暴れ、人々が怖れる惨状に心を痛めるさやか。神さまからこの事態をなんとかできるのは、退魔の力を持つ陰陽師の血筋であるさやかだけだと告げられる。しかし退魔の力を使うには、男性とエッチなことをする儀式が必要となると言われてしまう。「……私にしかできないことならやるしかないよね」困惑するさやかだったが、持ち前の正義感から戦うことを決意する。「こんなこと頼めるのハルくんしかいないから……お願い」他に頼りのないさやかは、幼馴染みのハルにエッチな儀式の相手をお願いし、ハルもまた戸惑いながらも覚悟を決めて、エッチに望むことになる。こうして退魔の力を得たさやかはハルや神さまと協力して、街の各地に現れた妖怪たちと戦うことになる――。
▼もっとみる

エロゲー 幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫 〜きりえ篇〜

公式通販はコチラ!でぼの巣製作所 Online Shop━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…基本無料のカードバトル「神楽大戦記〜陰之巻〜」も絶賛稼働中!http://games.dmm.co.jp/detail/kagurataisen/━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…時は現代、とある地方都市で――大山神社の宮司の娘である橘きりえと同じ神社で住み込みで修業をしている倉橋真は、不可思議な事件に直面していた。人々が突然意識を失い、目覚めなくなってしまう原因不明の「眠り病」。街で広がっている「眠り病」にきりえの両親も陥ってしまったのだった。偶然にも自らを神と名乗る黒い毛玉の神さまと出会ったきりえと真は、「眠り病」が妖怪や神といったこの世ならざるモノ――幽世のモノの仕業であると教えられる。幽世のモノに対抗できるのは、退魔の力を持つ陰陽師のみ。運命か偶然か、退魔の力を有していたきりえは逡巡の末に戦う決意をする。「アタシが妖怪をぶちのめして、『眠り病』を解決してみせる!」しかし退魔の力を使うには、男性とエッチなことをする必要がある。きりえは真に協力してもらい、エッチに望む。こうして退魔の力を得たきりえは、幽世のモノとの戦いに臨むことになるのだった――★☆★FANZA通販でも展開中!★☆★【メーカー公式】幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫〜きりえ篇〜+テレホンカードセット【メーカー公式】幽世ノ災厄ト現世ノ戦姫〜きりえ篇〜
▼もっとみる