TAG とこはな

エロゲー ナマイキユメちゃんはおにぃとメチャクチャHしたい!

数年ぶりに地元に帰ってきた主人公(名前変更可)。彼は赴任先の学園で、従姉妹である日菜森ユメと再会する。「おにぃ、久しぶり〜!」昔と変わらず、いや、前にも増して主人公を慕ってくるユメ。まるで子供の頃のようで、なんだか懐かしい……そのはずが。「距離感が……近い!!」今の2人は教師と教え子。オマケにユメはしっかり成長してしまっている。なのにこれは流石にマズイと、必死に距離を取る主人公。だがしかし、その程度でめげるユメじゃない。だって、ずっとずっと待っていたのだ。「もー、いいじゃんか別にー! もっと素直に喜びな〜?」「よくねえよ! いいから離れろ! くっつくな!」かくして、主人公大好きなユメの猛攻が始まるのだった――
▼もっとみる

エロゲー 彼女と俺の恋染同棲

主人公「名雲 彰」とヒロイン「久慈川 みやび」は子供のころよく遊んでいた幼馴染。親同士も顔見知りで家族ぐるみでの付き合いをしていたが、みやび達が引っ越しをしたため、ここ数年疎遠になっていた。そんなある日、「お帰りなさい彰さん、一日お疲れ様でした」学園から帰宅した彰は自宅でみやびに出迎えを受ける。曰く、彰の学園に転入するために引っ越してきたのだが、住む家が決まっておらず、彰たちの親からは居候してもいいという話を頂いているのだという。しかし、いま彰の両親は仕事のために家を空けている状態。二人っきりになってしまうと困惑する彰にそれでも構いませんと笑顔で返すみやび。尚も困惑する彰ではあったが、みやびの一緒にいたいという想いも無下にできず、しばらく様子をみてみようという話で落ち着く。こうしてハラハラドキドキの二人っきりの生活がスタートするのであった
▼もっとみる

エロゲー 僕と彼女のご奉仕同棲

主人公 津田 彗は曾祖父が残した古い洋館に、親代わりである老家政婦の世話を受けながら、二人で暮らしている。しかし、ある日、その家政婦が事故に巻きこまれて大怪我を負い、当面のあいだは入院するということになってしまった。たまたま事故現場に居合わせた慧の同級生、鹿島 詩乃は事情を聞いて、‘‘ならば自分が家政婦の代わりに慧の世話をしよう’’と申し出る。かくして、同級生に自分の身のまわりの世話をしてもらうという、ドキドキの毎日が始まった──。
▼もっとみる

エロゲー 年上彼女のあまやか同棲

仕事で忙しい両親に先んじて、ひとりこの夏から新居へ引っ越してきた受験生の主人公・美馬隆之介。買い物がてらの散策に出た街中で、困っていた親子連れを助けているヒロイン・小笠原ひなきの美しさに目を奪われ、自分も手伝いを申し出る。その場はなにごともなくそれで別れたが、実はひなきは引っ越し先のお隣さんの娘で、隆之介の志望校の先輩でもあったことがわかった。身近に好みの女性があらわれた幸運に、一気にテンションの上がる隆之介。しかも、成績にいまひとつ不安のある隆之介の勉強を、ひなきが家庭教師でみてくれるという夢のような展開に……。がぜん、やる気を出して受験勉強に励む隆之介だったが、ある日、困った様子のひなきから、驚きの頼みごとをされてしまう。それは――。「わたしの彼氏になってくれない……?」実際は、ある事情のため『彼氏のふり』をしてほしい、という意味だったのだが、すでにひなきに好意を抱いていた隆之介は彼氏役を引き受ける……。年上のお姉さんが自分の家庭教師、そして彼女になってくれる。ふたりきりの濃密な時間をともにする、ドキドキの新生活が始まる――。
▼もっとみる

エロゲー ヒーリング・デイズ 〜年の差彼女との甘々生活〜 DL版

ある地方都市でサラリーマンをしている主人公。ある日、仕事でトラブルが発生しそれを紛らわせるために深酒をして路上で寝込んでしまう。次に主人公が気がつくと、そこは知らない家のリビングで、ヒロイン「上坂栞(うえさか しおり)」に介抱されていた。路上で寝ている主人公を見かねて家まで連れてきたのだという。その優しさにほざされ栞にアプローチを始める主人公。栞も満更では無さそうだったが……。年の差彼女との初々しいお付き合いが始まるのであった。
▼もっとみる

エロゲー 押しかけ彼女は、俺の世話をしたい DL版

転勤を命じられ地方都市で一人暮らしをすることになった主人公。 ある日、自転車トラブルで困っているヒロイン、柊いさなをみかけ主人公が助けることに。そのお礼がしたいといういさなは主人公が一人暮らしだということを知り、色々お世話しますよとアピールしてくる。そうは言っても本当にそんなことはしないだろうと思っていた主人公はそれでいいというスタンスだったが、本当に家に来てくれて料理にお掃除に身の周りのお世話をしてくれるのであった。そうして一緒に遊んだり、勉強をみてあげるなどしていくうちにお互いの距離はどんどん近づいていくのであった。
▼もっとみる