CATEGORY North Box

エロゲー エルフのお嫁さん 〜ハーレム婚推奨〜

★☆★FANZA GAMES限定 購入特典★☆★「望月望」先生描き下ろし スマホ用壁紙付き!※絵柄は公式通販特典と同じものとなります。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…最近ソロキャンにハマっているおっさんな俺。本日のキャンプは俺一人の完ソロ状態。しかも怖いぐらいの濃い霧に包まれていた。怖いから肉を焼く俺。霧の中から現れる何処からどう見てもエルフなお嬢さん。勿論、巨乳(ここ重要)。最初はコスプレかと思ったがどうも様子が違う。何か本物っぽい。なんと……。肉を焼いているうちに異世界に転移していたことが判明した!何か若返っているし、いつの間にか大樹海の真っ只中だった。行く宛のない俺は、クリスと名乗るエルフに保護されお持ち帰りされる。俺の魔力と引き換えに助けてくれるそうだ。えっ、俺に魔力? いつの間にかそんなものが!?しかもその魔力供給だが、俺からすると【普通に性行為だった!!】エルフたちの神域である神殿の森で、世界樹の番人に指名された俺。その森にクリスを始めとする巨乳な4人のエルフたちが住んでいる。無論、全員に魔力を供給だ!更に効率良く魔力を供給するためにガクエンなんてものまで用意したとかえっ、「ガクエン」て「学園」ですか!?異世界でテンション爆上げの元おっさんの俺と聖域を守る4人のエルフたち(巨乳)。これは夢か現か。エルフたちと魔力供給という名のハーレム生活が始まる。一夫多妻チックな日々に学園なシチュエーションも加味して、俺の魔力は更に濃厚に!ち〇こ硬め! 精液マシマシ!!
▼もっとみる

エロゲー 高嶺の花と魔法の壺

★☆★ボイスドラマ特典付き版あり★☆★・タイトル『カンナ先生と職員室で』・登場人物妹尾カンナ(CV:叶一華)・あらすじ他の先生たちがいない時間に主人公を職員室に呼び出したカンナ先生。実はいろいろやってみたいことがあったらしく……。※ボイスドラマは公式通販特典と同じ内容になります。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…俺は、アパートで一人暮らしの学生だ。先日、急逝した兄の遺品を引き取った時、怪しい壺?の様なものを手に入れた。なんでもイイ物らしいのだが。。。ある日、中からにゅるりと得体の知れない物体が出てきて、「ボクは壺の精ツボイさんだよ」と自己紹介。ああ、なんだ夢か。封印を解いてくれたお礼に三つの願い事を叶えてくれるらしい。「だったらやりまくりたい! なんてね」と軽く答えた。夢だし。「三つだから三人までならOKだよ!」と請け負うツボイさん。三人?まあ、やりまくれるなら十分か。「相手はボクが決めてあげる!ちゃんと責任を持って選んであげるから安心して!」自信たっぷりのツボイさん。翌朝、変な夢を見たなとベッドから起き出すとツボイさんが、テーブルの上でパンを齧っていた。夢だけど。夢じゃなかった。ツボイさんが選んだ女性は学園にいるらしいので俺の肩に乗って一緒に登校。ツボイさんは、他の人間には見えなかった。昼休み、生徒会室へ。普段、昼休みに姿を表さない生徒会長の可鷺アオイ先輩がやって来た。「あの子なんていいんじゃない?」とツボイさんが先輩を指し示す。慌てる俺。いくら何でも無理だろう!「ボクの腕を疑ってるの?」とツボイさん「そういうわけじゃないけど」「ボクを信じてよ」とツボイさんは今日も自信満々だった。翌日、風紀委員の服装検査のお手伝い中、校内では有名なギャルの太川イチカ先輩が俺の前で立ち止まった。「えっ、なになに、あたしを注意してくれちゃうの?」にじり寄る先輩。「決めた! 二人目はこの娘にしよう!」とツボイさんが突然の宣言。そして下校時刻も迫る中、保健室の扉が開いて保健の妹尾カンナ先生が顔をだす。「あっ、ちょうど良かった、こっちに来て貰っていい?」と保健室へ招かれる。「まさか保健室のカンナ先生が三人目?」「そうだよ」とツボイさん。マジですか?今年、赴任したばかりの先生は、美人で優しくて、胸元がヤバくて超有名だ。ふわふわした気分で校舎を出る。「ゴメン、ツボイさんのこと疑ってた」「今信用してくれてるなら、いいよ」「してる、今は完全に信じてる」「明日からはもっと大変だよ」とツボイさん。「本当にあの三人を相手にやりまくりになるんだ」「ボクに任せてよ!」とツボイさんは胸を張った。
▼もっとみる

エロゲー オトカノ 〜おとうとの彼女が文系で強め!?〜

★☆★ボイスドラマ音源付き 特典版あり★☆★◎オトカノサイドストーリー一ノ瀬まつり、文香眞里との日常風景描いたサイドストーリー集。ここだけでしか出会えない、二人との甘いひと時をお楽しみください。・ストーリー(1)まつりの午後「ヒストリカル」「あ、ダメ……ちゃんと伝えて。」「言葉なんかじゃなく……もっと指先を使って……欲しい…よ。」とある日の授業休み。熱心に「指導」してくれるまつり。静かな空き教室にいまは二人きり。彼女の声だけが教室に響いていた。恋人となっても、より深く繋がりたいというまつりの提案にこうして「とある特訓」をしているのだが、果たしてその特訓内容とは……?・ストーリー(2)眞里の夜「00の者インタビュー」今夜も二人だけの甘い時間が過ぎていく。そんな中、眞里が打ち明け話をはじめた。「秘密にしてた訳じゃない」「子供ながらに人に言っちゃいけない事たってのは分かってた」普段と様子の違う眞里はそのままゆっくり語りだす。「『視えるものに晒されてる』だなんて、どう伝えたらいい?」それは眞里が理系になることを決めた理由のひとつ。信じるか信じないかは、アナタ次第……。━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…━━・‥…とある夏の夜。自宅にて。付き合って半年の文系彼女とついに一線を越える。何度も求めあった後、互いのぬくもりを感じながら眠りについていた。――翌朝、股間に伝わるむずむずとした感触に目が覚める。ぼんやりとした視線の先、トロけた顔でイチモツを愛撫をしていたのは彼女ではなく、いつも仏頂面で生真面目な、理系の姉?の姿だった。
▼もっとみる