CATEGORY Hending

エロゲー リンパに ATATA! 〜メス牡蠣ミルクどぴゅらっしゅ〜

俺「重松雄介(しげまつ ゆうすけ)」はJKの事を‘‘合法的に触れる’’為にマッサージ師を志した。長年、修行を積み、ようやく一人前として評価を得るようになってきた。高級住宅街・美人ぞろいで有名な女学園の近くに店を構え、準備は万端。しかし、来店するのはマダムばかり、俺のムラムラは募る一方だった……。そんなある日、新規の予約が入った。予約時間にドアが開きそこに見えた人物は待ちに待ったJKだった──「(ついに来た……! ツヤツヤイマドキJK様のご来店……!)」と心の中でガッツポーズを決め、早速「仕事」を始める。若々しい艶のある肌、ちらっと見える制服の隙間……冷静な気持ちで仕事なんて出来るわけがない。俺の手から滑り落ちたペンを拾ってくれている二人の‘‘お尻’’をガン見してしまい、思考停止……「オジさん取れたよ、ボールペン……って、あれ?」「ふ〜〜ん……そっか。オジさん、そ〜ゆ〜ことしちゃう感じなんだ……?」「いえ、これは…………」「いい歳したオジさんなのに、こんなことして恥ずかしくないの? 気持ち悪〜い♪」「きゃははははっ♪♪ おねーちゃん、ガチおこじゃーん! やっば!!」なんなんだこの小生意気で憎らしいメス●●は……めちゃくちゃムラムラ、もといイライラを募らせ、俺は決意をした。「こんなメス●●の2人くらい、俺のマッサージで‘‘わからせて’’やる──」
▼もっとみる